Rinnai

健全で心地よい暮らし方を創造する
グローバルブランドへ

1920年創業の厨房・給湯・空調機器メーカーであるリンナイは、1970年代から、アジア、オセアニア、北アメリカを中心に、各国のニーズに応じた製品を展開し、2015年の海外売上は全体の46%を占めるまでに成長していました。一方、各国で商品中心のコミュニケーション活動が行われブランドイメージにバラつきが生じており、いかに一貫性と統一感のあるリンナイブランドを確立するか―が課題となっていました。

インタ―ブランドジャパンは、2020年の創業100周年に向けて、確固たるブランドイメージを確立しグローバルブランドとして大きく飛躍するために、国内外トップマネジメントインタビューと8カ国でグローバル消費者調査、15カ国で社員調査を実施しました。さらに、国内・海外の社員ワークショップにより、2030年のありたい姿を議論し、グローバル全社員で新たなブランドプロミス「Creating a healthier way of living」を定めました。

優れたモノづくりだけにとどまらず、「健全で心地よい暮らし方を創造する」グローバルブランドとしての価値向上を目指して一新されたブランドシンボルとともに、リンナイブランドの世界観を表現する基本デザイン要素により、グローバルで統一したブランドイメージを表現することに成功しました。

Rinnai
Rinnai
Rinnai