Fujitsu​ ​

パーパスの実現に向けた明確な意思を表現

富⼠通は、企業が社会に貢献することへの要請が⾼まりつつあることを受け、お客様とビジネスや社会の重要な課題に取り組む上で、持続可能な世界を実現するためのパートナーとして、この課題をリードしていきたいと考えています。

今回インターブランドが開発した新しい富⼠通のブランド・アイデンティティは、従来型の ICT 企業にとどまることなく、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活⽤し、「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていく」というパーパスの実現に向けた明確な意思を表現しています。これまでロゴの⼀部であったインフィニティマークを様々なものを繋ぐ架け橋として、また持続可能な世界の実現に向けた継続的な変⾰の象徴として位置付け、変⾰を強く印象付ける、シンプルで⼒強いイメージを構築しました。​

Fujitsu​ ​
Fujitsu​ ​