Ajinomoto

ブランド価値を経営目標に位置づけ、グローバルでさらなる飛躍へ。

コーポレートブランドAJINOMOTO独自の戦略的取り組み「ASV」。 「事業活動」「社会価値」「経済価値」の循環モデルが、企業のサステナブルな成長を実現していく。

2017年2月、AJINOMOTOは「ASVを通じたサステナブルな成長の実現」と題した新中期経営計画を発表し、「コーポレートブランド価値向上」を目標の一つに掲げました。「ASV」とは「Ajinomoto Group Shared Value」の略で、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授が提唱している、「企業は、財務業績などの『経済価値』を創造しながら社会的課題解決にも対応することで、非財務的な『社会価値』も創造しなければならない」とする「CSV=Creating Shared Value(共通価値の創造)」が根幹にある、AJINIMOTO独自の戦略的取組み、事業活動そのものです。
事業活動を通じ「健康なこころとからだ」「食資源」「地球持続性」といった社会課題の解決に貢献し、新たな「社会価値」を創造することで「経済価値」につなげ、それを事業活動へ再投資してさらなる社会課題の解決に貢献することが、結果として、「コーポレートブランド価値」を増大させるとAJINIMOTOは考えました。

例年実施している10カ国の広報担当者が参加するグローバル広報会議の正式名称を「ASV & Brand Communication Conference」に変え、企業ブランド価値向上に資する、ASV視点でのコミュニケーションについて考える会議であることを明確化しました。4日間開催した会議のうち一日はワークショップを実施。「コーポレートブランド価値向上を推進する上で社内外コミュニケーションが果たす役割を理解する」、「グローバルブランド調査やブランド強度(BSS)の分析結果を各国のKPIに取り込み、次年度のプラン策定に反映する」ことを目的としました。このワークショップのプログラムは、事務局とインターブランドが5ヶ月かけて開発。冒頭インターブランドが、コーポレートブランド価値向上におけるコミュニケーションの重要性について講演を行い、その後のグループワークでは、「ブランドとビジネスの関係」や「ブランド強度分析とは」、さらには「国別の課題指標の特定と施策」等について、積極的なディスカッションが行われました。参加者からは「広報部門の貢献のあり方を理解できた」と高い評価を得ました。

2017年のBest Japan Brandsランキングでは、ブランド価値が7億1,100万米ドルにまで成長。さらなる引き上げを目指し、それを達成するため非財務項目のKPIも設定しました。

Ajinomoto
Ajinomoto