九州フィナンシャルグループ

九州の未来を見据え、
地方に根ざし共に成長する、
フィナンシャルグループへ。

九州フィナンシャルグループは、豊かな自然に恵まれた熊本で地域No.1のシェアを誇る肥後銀行、そして同じく鹿児島で地域No.1のシェアを誇る鹿児島銀行が経営統合して誕生しました。
吸収合併ではなく地域No.1銀行同士の経営統合は全国でも初めての事で、金融界に大きなインパクトを与えました。

九州フィナンシャルグループ

熊本および鹿児島での事業地盤を強化し、持続的に成長していく。隣県である地域No.1銀行同士が人口減を見据え、地域と共に地方創生を実現するために、九州という広域で新たな地域密着型ビジネスモデルの創造に取り組む事を目的として経営統合しました。

九州フィナンシャルグループ

統合したフィナンシャルグループは、2つのNo.1銀行の強みを更に成長させる存在。
本プロジェクトでは、ブランド名にある地元「九州」に根ざし、お互いの相互理解を深めて強みを結集、成長し続けるという考えのもと、自然豊かな九州を彷彿させる「大樹」をイメージした象徴的なブランドシンボルを開発しました。しっかりと地域に根ざし、共に成長しながら、社会に豊かな実りをもたらすフィナンシャルグループになる、という想いを込めています。

九州フィナンシャルグループ

記者発表で、九州トップの総合金融グループを目指して2行の頭取が固い握手をしたバックパネルの中心には、ブランドシンボルが象徴に掲げられていました。この象徴的なシンボルのように、今後九州フィナンシャルグループは真の大樹に成長していくことでしょう。

九州フィナンシャルグループ