顧客との関係性をつくる、意味のあるブランド体験づくりとは 〜長期的な成長を叶えるロードマップ〜 | インターブランドジャパン

顧客との関係性をつくる、意味のあるブランド体験づくりとは
〜長期的な成長を叶えるロードマップ〜

開催日時 2022年10月25日(火)16:00〜17:30(本編50分)
内容

人々はこれまでにないほど早いスピードでつながりを持ち、情報を得ています。その結果、企業が競争優位に立つ為のブランディングはイメージ以上のものが求められる時代へと変化しています。本セミナーでは、国内外の先進的なブランドを題材に、ブランドが意味ある体験づくりを通じて顧客との長期的な関係性を構築するためのヒントを探り、ブランド価値を最大化する方法についてご紹介します。

講師:五十嵐理香、中村容子(講師情報はページ下部をご参照下さい)

セミナー終了後、講師またはインターブランドメンバーとお話できる場を設けておりますのでぜひご活用ください。

対象

企業で経営・事業・商品の企画開発、戦略立案関連、マーケティング関連、コミュニケーション関連の業務に従事されている方(Gmail等個人アドレスでのご登録はご遠慮いただいております。会社や団体など勤務・所属先のアドレスにてご登録をお願いします)

会場・参加料

会場:インターブランドジャパン(東京オフィス)

参加料:無料(事前申込み制)*申込締切:10/21(金)13:00

お申し込み
注意事項
  • 受講証はセミナー開催日の前日までに、メールにてお送りいたします。
  • 予定受講者数以上のご応募があった場合、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内をお送りできない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • コンサルタント、ご同業のお客様のお申し込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。

※講演者、講演タイトルは変更になる場合もございますので、詳細は当サイトにてご確認いただくようお願い申し上げます。
※同業他社様からのお申込みはご遠慮申し上げています。

【お問い合わせ先】

株式会社 インターブランド ジャパン
https://www.interbrandjapan.com

セミナー事務局:山室・三ヶ島
ibj-brandseminar@interbrand.com

講師情報

五十嵐理香

ディレクター
エクスペリエンス・アクティベーション・チーム

インターブランドに2005年に参画。多種多様な業種に渡り、ブランドのコミュニケーション戦略立案、クリエイティブのディレクションを行う。特に、ソーシャルやモバイルデータを用いた分析を得意とし、ブランド体験の仕組みづくりを行なっている。
インターブランドでは、ブランドアクティベーション戦略から、コンテンツ開発、エクスペリエンス設計を行うエクスペリエンスアクティベーションチームに所属する。
主なクライアントに、星野リゾート、都ホテル、パナソニック、サントリー、大塚製薬、オムロンヘルスケア、龍谷大学、大和ハウス、野村ホールディングス、日立ソリューション、富士通、横浜銀行など
インターブランドジャパンに参画する以前は、オムニコムグループの広告代理店でデジタルコミュニケーションのプランナーをしており、長年にわたり、デジタルに携わっており、知見が深い。

中村容子

ディレクター
エクスペリエンス・アクティベーション・チーム

インテリア設計会社、欧米のデザインコンサルティングファームを経てインターブランドに参画。
多岐にわたる業種のコーポレート/リテイルブランディングプロジェクトにおける、コンセプト策定、カスタマージャーニー、デジタルコミュニケーション、エクスペリエンスデザインの開発経験多数。ブランドアクティベーション戦略からエクスペリエンス設計、コンテンツ開発、ブランド体験を創造するディレクターとして、プロジェクトを統括、空間デザインと顧客体験構築の経験・知見に基づいたクライアント支援を行っている。

主なクライアント:
JR Train Suite四季島、Miyako Hotels & Resorts、JAL、JTB、オリエンタルランド、Star Jewelry、Pola、Fancl、Pigeon、P&G、マツモトキヨシ、オムロンヘルスケア、クリナップ、マルハニチロ、Nissan、Kubota、東京海上グループ、SMBC Prestia、野村證券、横浜銀行、三井不動産、東京建物、大和ハウスグループ等多数
受賞歴:日本空間デザイン賞 、iF Design Award、Red Dot 等多数

セミナー一覧