周年を契機としたコーポレートブランドの再構築 | インターブランドジャパン
brandchannel:japan

周年を契機としたコーポレートブランドの再構築(オンラインセミナー)

開催日時 2020年9月24日(木)16:00〜17:00
内容

コーポレートブランディングをいつ実行するか?企業が周年を迎えるタイミングは対外的な側面だけでなく、社内的な盛り上がりを効果的にドライブさせることのできる好機であると考えられます。周年を契機にコーポレートブランディングを進めるポイントを事例を交えて紹介します。

講師:安達 浩之(講師情報はページ下部をご参照ください)

会 場

オンライン(全国どこでも参加可能)

参加料 無料:(事前申込み制)*申込締切:9/18(金)13:00
お申し込み
注意事項
  • 受講証および受講URLは、セミナー開催日の前日までに、メールにてお送りいたします。
  • 予定受講者数以上のご応募があった場合、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内を配信できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。(注)本オンラインセミナーでは、シスコシステムズ社のWebexを使用する予定です。また、セキュリティソフトウェアやアンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって配信システムの機能が正しく利用できない場合があります。
  • コンサルタント、ご同業のお客様のお申し込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。

※講演者、講演タイトルは変更になる場合もございますので、詳細は当サイトにてご確認いただくようお願い申し上げます。
※同業他社様からのお申込みはご遠慮申し上げています。

【お問い合わせ先】

株式会社 インターブランド ジャパン
https://www.interbrandjapan.com

セミナー事務局:山室・三ヶ島
ibj-brandseminar@interbrand.com

講師情報

安達 浩之

ディレクター 戦略グループ

外資系広告会社で国内および海外メーカーの マーケティング戦略、コミュニケーション戦略を担当。 2005年よりインターブランドジャパンに参画後は、経済産業省や国土交通省の海外向けに日本のブランドを確立するための事業をはじめ、電気機器、住宅、金融、製薬、通信、玩具、食品などBtoBおよびBtoCの幅広い領域で、ブランドの戦略立案、社内外コミュニケーション戦略、さらに社員研修などのブランド浸透などブランディングの全域に携わる。日本ブランド経営学会学会員。中小企業診断士。

業務履歴
経済産業省、国土交通省、日本放送協会、Panasonic、Sony、ニコン、味の素、ミツカン、大和ハウス、横浜銀行、福岡銀行、フィデリティ、第一三共製薬、大塚製薬、日本航空、中日本高速道路、NTT東日本、イオン、タカラトミー、ポッカ、AGC、クリナップ、アンリツ、ソーラーフロンティア 他

受賞歴
第47回消費者のためになった広告コンクール テレビ広告部門 「経済産業大臣賞」

セミナー一覧