Mercari株式会社メルカリ取締役President(会長) 兼 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役CEO 小泉 文明 様 | インターブランドジャパン

89

Mercari

小泉 文明 様

株式会社メルカリ
取締役President(会長) 兼 株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役CEO

Best Japan Brands 2022
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが5つの質問に答えるインタビューシリーズ。

貴社における経営において、ブランドとはどのような位置づけでしょうか?

ブランドとはステークホルダーとの信頼・信用を構築する重要要素だと考えています。だからこそ、フリマアプリをはじめとした、生活者向けのサービスを展開しているメルカリでは、お客さまにサービスを安心・安全にそして楽しくご利用いただく上でブランドは非常に大切な要素として位置づけ、これまで重視してきました。

近年、顧客起点、LTV (Lifetime Value) という概念がより重要視されてきている傾向にありますが、そうした既存顧客だけではなく将来の顧客、あるいはより幅広い生活者、社会との関係構築やそれに基づくブランドの在り方について、どのようにお考えでしょうか?

今後より多くのステークホルダーから共感を得られるブランドであり続けるためには、幅広い生活者にとって距離が近い「顔が見えるブランド」であることが重要だと考えています。だからこそ、メルカリではすべてのステークホルダーがブランドに対して適切な判断が行えるよう、ブランドとしての価値を言語化し、透明性の高い情報を幅広く発信することを重視して参りました。

事業・ブランド成長に向けて、社員の存在がより重要になってきている中で、ブランドに基づく企業のカルチャーづくり、それに基づく社員のエンゲージメントについて、どのようにお考えでしょうか?

多様な人材がひとりひとり自発的に動ける強い組織をつくるためには、社員全員が「共通の価値観」を持ち、ブランドの目指す指針を理解することが重要だと考えています。だからこそ、メルカリではミッションである「新たな価値を生みだす、世界的なマーケットプレイスを創る」とそれを実現するための行動指針である「3つのバリュー」を大切にしながら、これまで組織のカルチャーづくりをおこなってきました。

SDGsやサステナビリティが必須課題として設定されるような時代背景を踏まえて、ブランドの存在や役割は、どのように進化・変化が求められると思いますか? ブランドのパーパスに関するお考え、取組、ご検討状況なども交えて、お教えください

ブランドの価値はこれまでのような市場原理主義に基づく短期的な視点からだけでなく、より中長期的な視点で企業として社会にどのように貢献しているかがより重要視され、評価されるようになりました。モノが溢れている時代だからこそ、社会にとってのブランドの役割や存在価値(パーパス)を明確にし、企業としてのパーパスにコミットすることが、ブランドづくり、ひいては会社経営上より一層重要になっていくと考えています。

このような環境の中で、今後さらにブランド価値を高め続けていくために、どの様なチャレンジを行うことをお考えでしょうか?

引き続きメルカリがブランドとしてお客さま、そして社会へ提供できる価値を言語化し、オープンに情報発信を行うことでより多くのステークホルダーから共感が得られるよう努力を続けていきます。また、今後時代が変化していくなかで、社会の要請に応じて企業としてアップデートを行いながらも、メルカリが持つミッション、バリューなど、普遍的な価値観は変えずに、ビジョンに根ざしたアクションを続けていくことを大切にしていきます。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2022​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2022​ Interview​​