SoftBankソフトバンク株式会社ブランド推進室 室長 浅井 宏士 様 | インターブランドジャパン

11

SoftBank

浅井 宏士 様

ソフトバンク株式会社
ブランド推進室 室長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

ソフトバンクは創業以来「情報革命で人々を幸せに」を経営理念に掲げ、グループ全体で共有しています。経営トップからも日々に経営理念は発信されていて、社内全体に浸透し、あらゆる事業活動を行っています。これらを通じて人々の心の中に構築・蓄積されたものがブランドと認識しています。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

経営理念はこれからも変わることはありませんが、「情報革命で人々を幸せに」を実現するためには、時代の変化をいち早く察知して、最も必要とされるテクノロジーやサービスを提供する必要があります。そのためには、私たちは常に変わり続けなければなりません。特定のテクノロジーやビジネスモデルに固執せず、自己変革を繰り返していきたいと考えています。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い消費行動に大きな影響が出てきていると感じています。誰もが安心・安全に暮らせる未来を求める中で、当社と当社が提供するサービスが長く愛され続けるためには、機能や利便性、価格だけでなく、社会的責任を果たしていくことがますます求められていくでしょう。SDGsへの対応をはじめ、未来をよくするために行動することが、選ばれるブランドであり続けるための前提になると考えています。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

私たちは企業も良き社会の一員であるという考えの下、持続可能な社会づくりに貢献することを重要な経営課題と捉え、「SDGs推進委員会」を設置し「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトとともに、取り組むべき6つのマテリアリティ(重要課題)を特定し、SDGsを徹底的に追及することを宣言しています。
例えば、5G・IoT・AIなどを活用した、さまざまな産業向けのDXソリューションの提供、スマホを活用した新しいサービスの提供、ICTを活用したデジタルデバイドの解消、通信サービスの重要な設備である基地局の使用電力分の再生可能エネルギ―化など、事業や企業活動を通じて持続可能な社会を実現することに積極的に取り組んでいます。これら最新テクノロジーと通信サービスを最大限に活用した取り組みはSDGs達成への貢献のみならず、社会インフラを支える通信事業者としての責務を果たすとともに、当社の持続的な成長につながると考えています。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​