Recruit株式会社リクルートホールディングス PR部 ブランドエグゼクティブ 星野 俊夫 様 | インターブランドジャパン

14

Recruit

星野 俊夫 様

株式会社リクルートホールディングス
PR部 ブランドエグゼクティブ

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

ブランドは、その企業がなぜ、何のために存在するのかを表すシンボルとして大事なものです。自分たちは何者で、何をめざしているのか、今後進むべき方向を示すもの。過去と未来の中間点。事業や地域が異なっていても、同じものを見るための道標。それがブランドだと思います。リモートで仕事をする今は、同じ目的意識でつながることの重要性が一層増しています。
海外の企業とM&Aを進めるときも、ブランドの目的が明確であるほど、相手と話が進みやすく、M&A後も自然と連携が生まれます。とくにRecruitは海外であまり認知されていないので、その点がとても大事です。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

「個を尊重する」という経営姿勢はこれからも変わりません。Recruitのめざす世界観「Follow Your Heart」で表現しているように、全ての世代、全ての地域の人々が、自分らしく生きられる世の中をつくっていくために価値を提供していきたいです。
しかし、個を尊重する世界を実現するために何を提供していくか、その手段は時代によって変わります。Recruitの場合は、個を尊重する世の中をつくる手段は、情報誌→ウェブ→アプリ→SaaSと形を変えてきました。企業文化は変わりませんが、スタイルは時代の変化に応じて変えていかなくてはなりません。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

ブランドを強くしてくれるのは、事業、働く人々、商品、サービス。加えて、「対話」が重要です。社内の対話、社会や投資家との対話も。創業者は「愛することは知ること」だと言っています。お互いを知らないと愛着は湧きません。M&Aがまとまるのも、グループの力を高めるのも、その根幹にはブランドがあり、対話を通じて分かり合うことが重要です。グローバルに事業を拡張しようとすると、ますます対話が大事になってくると感じています。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

2020年3月31日に60周年を迎え、「相互理解」をキーワードに、M&Aでリクルートグループに参加いただいた企業も含め、この10年間のチャレンジに関する「いい話」を集めてサイトにアップしました。60周年にちなんで、日本と海外から30ずつ合計60のエピソードを集めました。改めて、「いい話」の根底にあるものは同じだとわかり、お互いを知ることができました。今後も「対話」を強化して、ソーシャルメディアで発信していきます。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​