Rakuten楽天グループ株式会社常務執行役員CMO (Chief Marketing Officer)コマースカンパニー シニアヴァイスプレジデント河野 奈保 様 | インターブランドジャパン

15

Rakuten

河野 奈保 様

楽天グループ株式会社
常務執行役員
CMO (Chief Marketing Officer)
コマースカンパニー シニアヴァイスプレジデント 

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。」

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

ブランドは、変化の中においても信頼・安心して利用し続けることができ、さらに新しい生活様式に変わるなかで、変革をもたらす企業として理解をいただくこと、より生活を豊かにしてくれる期待を持ってもらえること、いっそうサービスを支持してもらえるための重要な要素と考えます。同時に困難な状況下にある企業の皆様にとっても、例えば飲食業界で提供している「楽天リアルタイムテイクアウト」サービスのように事業継続において頼れる日本発のプラットフォームパートナーとして期待いただくことも重要と考えます。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

社会の変化に対して楽天グループとしてどのような支援ができるか、という点で昨年の第一波襲来時より政府・自治体とも密に連携し、ソーシャルディスタンスロゴ制作と啓蒙活動・COCOAアプリの導入推進・ホテルへの軽症感染者への利活用マッチング・店舗様への運営資金支援や電子書籍など在宅ユーザーへの支援、協賛スポーツ選手と連携したエッセンシャルワーカーへのメッセージ配信と、多くの取り組みをしてまいりました。今後も「楽天プラットフォーム」の力を多方面へ最大限に発揮することによって目まぐるしく変化する社会が求める施策を提供し、日々の生活を少しでも豊かにするお手伝いをすることで、1名でも多くの方に「楽天ブランド」の総合力へ新たな魅力を感じていただけることを目指していければと考えております。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

非常に先行きが見えなくかつ変革を求められる状況だからこそ、創業当時からの理念である「イノベーションを通じて社会をエンパワーメントする」というミッションのもとで、国内外において「楽天ブランド」が提供する価値を具体的な形で指し示していくことが大切と考えています。
例えば楽天モバイルは、日本の家計に占める通信費を下げ、消費循環を後押ししていくことで、日本を元気にしたいという想いで、世界初の完全仮想化クラウドネイティブネットワークを採用し低価格を実現しました。
加えて、業界の淘汰・独占ではなく「共に(Walk Together)」乗り越えていくというコミットメントへ共感いただけることが重要な要素と社内で共通認識を持っております。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

ネットワークの完全仮想化という全く新しい技術を世界初で採用した楽天モバイルの携帯料金新プランを例に、他社との単なる価格競争ではなく、「楽天ブランド」として常識にとらわれずWith Corona、After Coronaという社会で生活様式が変わった全ステークホルダー(顧客、ビジネスパートナー)にとって、既存では考えられなかったようなことを提供し当たり前にしてくことを目指して取り組んでおります。今後も同様に様々な業界においてインターネット・テクノロジーの利点を最大限に活用することで、経済面でも感情面においても「楽天ブランド」を継続して利用・指示いただけるようなソリューションを創出し続けていくことを目指してまいります。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​