OMRONオムロン株式会社 執行役員 グローバルインベスター& ブランドコミュニケーション本部長井垣 勉 様 | インターブランドジャパン

40

OMRON

井垣 勉 様

オムロン株式会社
執行役員 グローバルインベスター&
ブランドコミュニケーション本部長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

今、我々は時代の大きな転換点にいる。従来の価値観と新たな価値観が衝突し、様々な対立や分断、そして葛藤が生まれている。このような不透明で不確実な時代の中にあっても持続的な企業価値の向上を目指す企業にとって、ブランドの重要性はますます増してくる。これからのブランドは、新たな時代に向かって進んでいく経営の方向性を指し示す「羅針盤」になるとともに、ステークホルダーと企業を繋ぐ「約束」と「信頼」の証となっていく。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

顧客や市場といった、現在アドレスしているビジネスの視点から「フォアキャスト」して構築するマーケティング目的のブランディングは、今後も成長に不可欠な存在であり続ける。しかしこれからの時代には、企業が掲げるビジョンといった未来の視点から「バックキャスト」でアプローチする“パーパス・ドリブン”のコーポレートブランディングの重要性が増してくる。大切なのは、この両者のブランディングの戦略が、グローバルに一貫して一致していること。オムロンでは、すべてのキーメッセージの中心に企業理念を据えることで、マーケティングとコーポレートのメッセージの一体化を担保している。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

企業理念に立ち返ることが大切と考える。当社では「事業を通じてよりより社会をつくる」という企業理念が、今後もブランド価値向上の軸となることに変わりはない。ブランド価値をさらに高めるには、常に長期的な展望の下で、自社が掲げるビジョンや経営戦略と連動したブランディング戦略を構築するとともに、それを遂行できる組織体制へ進化することがより一層必要になってくると考えている。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

2022年度からスタートする新しい長期経営計画で掲げるビジョンから、「バックキャスト」して策定するブランディングの方針や戦略を今まさに議論している。2022年2月に社内外に発表する予定。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​