NEC日本電気株式会社執行役員 兼 CMO 榎本 亮 様 | インターブランドジャパン

65

NEC

榎本 亮 様

日本電気株式会社
執行役員 兼 CMO

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

経営において、ブランドは非常に重要なものと位置づけられています。ここ数年は、ブランドのベクトルを合わせるために、NECがどのようなブランドであるべきかという議論を行い、去年からは特に “変革を生み出す”というイメージ確立に注力してきました。特に、具体性を向上させ、社員やお客様に対して、エビデンスと共にWHYをしっかりと伝えていく必要性があると考えています。COVID-19下においても「社会を止めない」ために迅速に自治体をサポートし、「ビジネスを止めない」ためにお客様のリモートワーク立ち上げを支援し、自社においては商談機会や展示会をいち早くデジタルに切り替える等、メッセージと実際の企業活動の一致が伝わることで、NECが“変革を生み出す”企業として認識され始めるなど、態度変容の兆しも見えつつあります。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

グローバル化とデジタルマーケティングに更にシフトしていきます。デジタルネイティブの施策は国境がありませんから、グローバル×デジタルのアプローチを主軸に、大胆なチャレンジをしていきたいと考えています。
パーパスドリブンマーケティング、社会価値の創造を発信していく方針は変わりません。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

社内においては、昨年初めに共通の価値観や行動の原点となる「NEC Way」を改訂し、社会価値創造実践に落とし込むための活動を断続的に行ってきました。役員から社員に至るまで、それぞれのMy Wayに紐づけてグループ・ディスカッションを行う取り組みを全社員で行いました。リモートワークが増えている状況にもかかわらず社員のエンゲージメントが非常に高まり、着実に成果が上がってきています。会社側からあなたはどう思いますか?と社員の考えを聞いたことが、双方向のコミュニケーションとして 社員のエンゲージメントを高めた、と捉えています。
昨年実施したオンラインイベントの参加者3.5万人のうち5千人が海外からの参加者でした。イベントの前後で実施した参加者への調査では、「NECのイメージが変化した」というポジティブな結果を得ることができました。このように、施策を打った直後に調査を実施し、結果を次の施策へと反映していく、迅速なPDCAサイクルが大切だと考えています。
今はお客様の意識や行動の変化が非常に早くなっており、そのスピードに合わせて自分たちも変わっていく、これまでにないリアルタイム性と実行力が求められていると思います。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

これからのブランドの成長には迅速性が求められていることから、今年からマーケティングカレンダーを思いきって前倒しにする予定です。
施策の前倒しにより、全社レベルでの行動変容を促し、PDCAのサイクルを速くすることが期待できると考えています

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​