MS&AD MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社広報・IR部長金子 美和子 様 | インターブランドジャパン

93

MS&AD

金子 美和子 様

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス
株式会社
広報・IR部長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

グループ傘下に国内外の多様な事業会社が存在している中で、ブランドは、社内的にはグループ全体としてベクトルを合わせ、一つの方向へ向かっていくための求心力の源であり、社外的には、グループの強みである多様性をインクルージョンしながら力に変え、外部のステークホルダーへ伝えていくうえで、非常に重要な存在であると考えています。
私たちはグループ設立時に「安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支える」ことをミッションとして掲げました。MS&ADブランドは、グループ会社がそれぞれの領域で、それぞれのアプローチにより社会課題解決を実践する活動のよりどころとなっています。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

今回のパンデミックに限らず、近年は気候変動も含めて人類の存続というレベルでの危機意識が広がる中で、社会課題解決に貢献するブランドを選択する意識が投資家から生活者にまで広がってきていることを実感しています。これからは私たちがもともと大事にしてきたCSVの側面を全面に出し、MS&ADは社会課題解決に真正面から取り組むブランドであることをより一層訴求していきたいと考えています。
一方で、デジタルや通信技術の革新により、例えば自動車保険のあり方は大きく変わってきました。クルマ同士がデータでつながること、新たにデバイスを活用することで、事故を未然に防ぐ、もしくは被害を最小限にすることもできるようになっています。そうした中で、社会貢献と先進性を併せ持つ(CSV x DX)ブランドとなっていくことを目指しています。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

今は、保険そのものの役割や概念が大きく変わる変革期を迎えていると感じています。そのような変革期においてステークホルダーとの関係性を強化するために、しっかり対話をしていくことが最も重要だと考えています。そのためには、社内のモチベーションや理解を進めることも非常に重要で、社内報をWEB化し動画を活用するなどの工夫をしています。
また、私たちの課題である独自性を打ち出すために、パートナーシップやデジタル技術を使った新たな商品、サービスの提供を通じてMS&ADらしさを実現していきたいと考えています。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

対外的には、社会課題解決に応えるブランドであることを積極的に訴求していきます。昨年度からSDGsをテーマとしたレギュラー番組『フューチャーランナーズ ~17の未来~』(フジテレビ)の単独スポンサーを務めているほか、「インシュアランス・イノベーション」をテーマとした新聞広告や、Financial Timesとの共同で実施したアジアにおけるサステナビリティへの取り組みに関する調査レポートのリリースを予定しています。
事業面では、デジタルを活用した販売チャネルの変革や、データビジネス、コンサルティング領域など従来の保険の枠組みを越えた展開の準備を始めています。
社内的には、グローバルで各社の取り組みを表彰するサステナビリティコンテストや、社員のアイデアを募集して商品化するイノベーションチャレンジプログラムなどの浸透活動を推進するなど、今後も社内外の活動を積極的に進めていきます。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​