Hitachi株式会社日立製作所ブランド・コミュニケーション本部 グループブランド戦略部 部長紺野 篤志 様 | インターブランドジャパン

33

Hitachi

紺野 篤志 様

株式会社日立製作所
ブランド・コミュニケーション本部 グループブランド戦略部 部長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

ブランドは、我々が社会に対して提供していくものの総和であり、重要な経営資源のひとつです。また、顧客にとってブランドは「信頼の象徴」であり、それを高めることは企業価値の向上とイコールであると言えるでしょう。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

私たちが果たすべき役割が変わることはありません。継続的なブランド成長のために、グループ・アイデンティティを決めておしまいではなく、ミッション、バリュー、ビジョンを着実に実践することで、ブランド価値を高め続けていきます。
しかし、それをどうやって実現していくかという手法については変えていくべきでしょう。たとえば、カスタマージャーニーの変化に伴うブランド・コミュニケーションのあり方もそのひとつです。一方的な情報発信ではなく、顧客との共創が求められていると感じています。インナーブランディングの側面でも、共創の必然性は増しています。グローバル共通の課題と地域固有の課題に対する解の見つけ方、対応方法についても、本社に倣うのではなくリージョンと共につくっていくことがますます重要になると考えています。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

顧客と企業の関係は、もはや「売り手」と「買い手」というシンプルな構図では描けません。単にHitachiが保有するソリューションを顧客に当てはめるのではなく、「価値起点」で成長事業をつくり、顧客とともに解決策を見出すことが大切です。
かつてブランド・コミュニケーションは、イメージを伝えることを重視していましたが、これからはむしろ、顧客や社会に共感してもらえる説得力のあるストーリー、実践する姿を伝えるコンテンツを創出していくことが大切になってくるのではないでしょうか。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

まずは、2021中期経営計画の最終年度である今年度の活動をしっかり仕上げていきます。オウンドメディア、ソーシャルメディアの重要性が増す中で、コミュニケーション活動を一層グローバル化していくのは当然ですが、2020年に世界が経験した試練によって、今後、消費行動や嗜好、経済の仕組みがどうなるかを見極め、それをいかにキャッチアップしてストーリー化するかも大きな課題になるでしょう。10年前とは事業ポートフォリオも大きく変わっています。冒頭申し上げた通り、日立が果たすべきミッションに変わりはありませんが、ありたき日立ブランドのイメージについては、見直していく必要があるかもしれません。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​