Casioカシオ計算機株式会社宣伝部長 横森 弘美 様 | インターブランドジャパン

77

Casio

横森 弘美 様

カシオ計算機株式会社
宣伝部長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

ブランドは、社員にとっては働く意義や価値であり、仕事を進めるための道標でもあると思います。社外のステークホルダーにとっては企業の好き嫌いや信頼できるか否かを判断する人格そのもので、その企業を選ぶ理由となるのだと思います。
ブランドに対する信頼、共感がファンをつくり、それが企業にとっては大切な資産となっていきます。そういった意味で、ブランドは経営そのものと言っても過言ではないと位置付けています。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

創業以来、社是として掲げる「創造 貢献」には、「それまでにない斬新な働きを持った製品を提供することで社会に貢献する」という想いが込められています。その想いが、電卓や電子楽器、デジタルカメラ、G-SHOCKなど、市場になかったモノを生み出してきた原動力であり、Casioの本質です。
今後は、そのDNAを継承しつつ、プロダクトアウト型ではない新しい時代における新しい貢献の在り方考えて行く必要があります。以前は、他社の真似をしないことや新しい技術を良しとする風潮もありましたが、今後は、より社会やお客様起点のマーケティング活動を実践するために、自社の社会における存在意義を再定義し、それに基づいた長期的な目標やブランド戦略が必要になると考えます。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

今後消費の中心となるミレニアムやZ世代は、モノ消費よりコト消費を重視し、社会的なテーマに信念を持って取り組むブランドに共感すると言われています。お客様に信頼され、選ばれるブランドであるためには、製品の機能訴求が中心だったこれまでのコミュニケーションでは限界があり、事業レベルでのブランディングや、企業の存在意義への共感が重要となります。従来の宣伝販促活動は、買ってもらうまでに活動の主眼がありましたが、今後はDXを活用し、購入後も満足してファンであり続けていただけるサポートやコミュニティづくりによって、ブランドが自走して成長することが大切になると考えています。ブランドの本質や、約束する価値をチームメンバー全員が共有し、一貫性を持って発信することで、新しい顧客層とつながっていきたいです。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

Casioは今、大きな転換期、いわば第二の創業期にあり、経営体制も含めて改革の真っ最中です。昨年6月には「未来想像センター」が発足し、新しい時代にCasioがあるべき姿を探ることを使命として活動しています。社内の活性化や働き方、新しい事業が生まれる仕組み、そして企業風土そのもの。変えていくべきものはたくさんあります。それと並行して、コミュニケーション活動においては、体験型店舗での情報発信や、時代の変化に即したカスタマージャーニーを構築するなど、これまでCasioとあまり接点のなかった潜在層にも「自分たちのブランドだ」と認識してもらえるよう、取り組みを進めていきます。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​