Asahiアサヒグループホールディングス株式会社シニアオフィサー・ヘッド・オブ・ストラテジー佐藤 輝 様 | インターブランドジャパン

23

Asahi

佐藤 輝 様

アサヒグループホールディングス株式会社
シニアオフィサー・ヘッド・オブ・ストラテジー

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

Asahiのブランドのベースは、グループ理念「Asahi Group Philosophy(以下AGP)」に他なりませんが、社会環境が大きく変化する中、ブランドの重要性がさらに高まっていることを実感しています。 コロナ禍で、お客様は短時間での購買判断を迫られるといったことも発生しました。一方、社員は何のために仕事をするのかを自問する機会が増えています。そのとき重要になるのは、ブランドです。お客様の期待を超えていくこと。会社とともに社員が個人としても成長していくこと。この顧客の期待と社員の取り組みを結びつけるのがAGPであると考えています。AGPに込められた想いの実践を、もっと強化していきたいですね。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

ブランドに込められている志は変わりませんが、「Asahi」が象徴するものの幅は拡がっています。お客様がブランドに何を期待するのか。その要素として、日本はもとより世界で、社会貢献やサステナビリティが占める部分が急速に高まっています。おいしさだけでなく、これからは、社会貢献やサステナビリティの面からも「Asahi」を想起していただくことを強く意識していかなければならないでしょう。 私たちはこれまでも、ステークホルダーのためと信じて多様な活動を続けてきました。サステナビリティについても業界に先駆けて取り組んできましたが、それがお客様にも社員にもきちんと伝わっているかを改めて評価し、エンゲージメントの中でステップアップしていくことが課題だと認識しています。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

「Cool(かっこいい)」といった情緒イメージにとどまらず、Asahiブランドが、よりよい社会を実現する(それがCoolということかもしれませんが)ために取り組んでいる事実を積み上げ、具体的な活動に落とし込むことで「期待を超えていく」ことが大切でしょう。それは対顧客に留まらず、インターナルにとっても同様です。企業活動に携わっている社員がその事実に関与し、そこに誇りと成長を感じ、実行した自信を次の成長につなげるためにも、事実が重要です。 必要なのは、AGPというフィロソフィーを、具体的な取り組みとして体現する実践を積み上げていくことであり、社長をはじめ各リージョンのトップも、事あるごとにブランドの根幹にAGPがあることを繰り返し発信しています。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

ブランド評価に対して、ステークホルダーからの評価や外部の目を取り入れ、独りよがりにならない仕組みを構築することは急務です。サステナビリティへの取り組みについては、たとえば欧州の事業会社での素晴らしい実践事例を日本でも活かすなど、グローバルスケールを活かしてベストプラクティスをキャッチアップできる仕組みを構築していきます。 インターナルで実践しているAGPの浸透活動についても、表彰制度を創設するなどを含め、さらに強化していきます。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​