Asahi Kasei旭化成株式会社広報部 部長 楠神 輝美 様 | インターブランドジャパン

74

Asahi Kasei

楠神 輝美 様

旭化成株式会社
広報部 部長

Best Japan Brands 2021
ブランドリーダーズインタビュー

これまでにない変容を続ける環境の中で、ランクインしたリーディングカンパニーは今後の成長のためにどのようにその変化を捉え、対応しようとしているのか。各社のブランドリーダーが4つの質問に答えるインタビューシリーズ。

これからの経営において、ブランドをどのような存在として位置付けていますか?

旭化成グループでは、社名である「旭化成」「Asahi Kasei」をコーポレートブランドと位置付け、当社グループへの「信頼感」「未来感」を想起させるものであり、これらのイメージを醸成・担保するものと考えています。
エクスターナルに対しては、当社が事業を通じて社会課題の解決の担い手として積極的に世の中に貢献し続けていく事実をしっかり伝えることで、「信頼・未来」を約束できるものであり続けたいと考えています。
一方でインターナルにとってコーポレートブランドは、揺らぐことのない理念であり、日々の行動の羅針盤となるものです。コロナ禍において、感染防止対策を講じながら、スピード感を持って生物学的製剤製造時に使用するウイルス除去フィルターや人工呼吸器を増産するなど、さまざまな事業活動を継続してきました。これはブランドが従業員に浸透している証しだと考えています。

これからの時代を考えたときに、ブランド成長を目指すうえで、これまでと比較して変えなければならない視点、変えない視点についてお知らせください。

当社グループの企業理念は、「世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献します。」であり、これまで事業活動を通じて様々な社会課題を解決してきました。これは今後も変わりません。当社では、M&Aなどによりこの10年で事業のグローバル化が一気に進みました。「社内と社外」「国内と海外」といった垣根は、今後ますます下がっていくでしょう。その中で、従業員は多様な考え方や柔軟に対応できるグローバルな意識を持つことが求められます。また、国内外を問わず、SNSなどの発信力の影響が大きくなっており、従業員一人ひとりの考え方、言動や発信が、コーポレートブランドの価値の担い手として大きな役割を果たす時代になっています。従って、グローバルレベルで理念浸透を図ることがより肝要だと考えています。

今後、ブランド価値をさらに高めていくためには、どのようなことが大切だとお考えでしょうか?

「将来性」や「収益性」への取り組みの方向が強く問われる時代であることに加え、企業の資産を活かし社会的責任を果たすことが企業価値につながる時代です。広報部には、報道、広告宣伝、ブランド管理、インナーコミュニケーション、スポーツ広報を含む社会貢献活動の推進、といったさまざまな機能があります。当社の多岐にわたる事業、多彩な技術、多様な人財や活動の情報を、その時々の目的に応じて広報機能の連携を図りながら効果的なコミュニケーション施策をデザインし、価値あるメッセージへと転換し、その蓄積によりブランド価値を高めていくことが大切だと考えています。

今後、ブランド成長を目指し、具体的に予定されているアクションがありますか?

来たる2022年5月の100周年を見据え、ブランドを築き上げてきた先達の歴史から学び、次の100年でどのような企業を目指すのか、あらたな時代のブランド定義に挑戦していきたいと考えています。

Brand Value Chart

一覧に戻る

Article
Best Japan ​Brands
2021​ Article
Brand Leader’s Interview​
Best Japan ​Brands
2021​ Interview​​