Coronavirus: Brand Moves for Vol.23 | インターブランドジャパン

Coronavirus: Brand Moves for Vol.23

2020.4.22 
Interbrand Group 
Chief Innovation Officer Chris Nurko 

Major League Soccerは、パンデミック期間中、教育を計画し、人々を楽しませ、勇敢な努力を賛えることを目的としたプログラムMLS UnitesTrain with MLSを立ち上げました。MLS Unitesの活動の一環として、毎週様々なテーマで集められた新しいプログラムやコンテンツが配信されます(例:To Inspire KidsFor Those in Need)。一方、リーグのパートナーであるCaptain Morgan少なくとも50万ドルを米国とカナダのMLS所属クラブが選んだ慈善団体へ寄付し、第一線で働く人々やパンデミックにより悪影響を受けた人々への食事や救済を提供するために役立てます。さらに、Captain MorganInstagram The Captain’s Challengeというキャンペーンを開設しました。21歳以上であれば、ファンはハッシュタグ#CaptainMorganDonationを含む@captainmorganusaというタグを使って、自分が夢中になっている人や物のビデオを投稿することができ、Captain Morganがそのビデオに対してそれぞれ25ドル、最大5万ドルを寄付します。MLSブランド・統合マーケティング担当のシニア・ヴァイス・プレジデントであるDavid Bruceは、The Captain’s ChallengeMLS Unitesの精神を捉えており、離れていながらもひとつのサッカーコミュニティとして団結し、この大変な時期において影響を受けた人々を支えています。MLSCaptain Morganのような献身的なパートナーを持つことを光栄に思います。寛大な寄付と、ユニークで楽しいキャンペーンの両方を通じてファンと確実な繋がりを持ち、米国とカナダの地域社会に良い影響を与えているからです。と述べました。また、同リーグはMLS Storeにてチームやリーグのロゴをあしらった新しいフェイスマスクを販売しており、その収益の全てをFeeding AmericaとFood Banks Canada寄付され、MLSの公式パートナーであるFanaticsは、一つ購入するごとに1つのフェイスマスクを寄付する予定です。 

次回のLondon Fashion Weekは完全にデジタルで開催されウィメンズメンズのショーを統合して開催されるも発表ました。6月に開催されるイベントでは、新型コロナウイルスの影響によりオンラインで開催された上海モスクワでのファッションウィークと同様にインタビューやポッドキャスト、デジタルショールームなどマルチメディアを全ての人々に向けて公開する予定です。British Fashion Councilの最高経営責任者であるCaroline Rush今回の発表について、文化的なファッションウィークのプラットフォームを作ることで、今日のニーズに最も適したデジタルイノベーションを適応させ、将来の国際的なショーケースとして成立させていきます。と述べました。 

酷い影響を受けたレストランやホスピタリティ業界を救うため、オンライン食料品店のFreshDirect、実店舗レストランのマネジメント会社であるRestaurant Associatesと提携しました。惣菜カテゴリーにおいてFreshDirectのサービスを展開するRA Kitchenというアライアンスを使い、ローテーションで選択された調理済みの温かい食事をより多くの顧客に提供することで一時解雇されたレストランの従業員を仕事に復帰させました。そして今年の初め同社、食事提供に関わる慈善事業を展開するNY Common Pantryと提携し、FreshDirectの店舗サイト顧客が寄付を行うと、顧客がNCommen Pantryに貢献できるという取り組みを発表しました。この2ヶ月間で、FreshDirectの顧客はNY Common Pantryへ34万ドル以上を寄付しました。 

マルチプラットフォームオーディオとエンターテイメント事業を展開するEntercomが、”Stay Connected” (#StayConnectedTogether)という公共的な取り組みを開始しました。同社の放送ブランドとデジタルプラットフォーム全体で公衆衛生と福祉に有意義な影響を与えることを目的とし、現在960万ドルを地元の救援資金として集め、これは非常に大きな称賛に値することです。 

この危機下での最大の勝者の一であるAmazonに対する動きとして、Googleは、Google上で業者が手数料無料で商品を販売できるような計画を進めています。4月下旬より、主に無料のリスティングで構成されたGoogle Shoppingというタブの検索結果が業者へ配布され、Googleに広告を掲載している/していないにかかわらず消費者と繋がることができます。Googleの取引担当プレジデントであるBill Readyは、“Googleでは毎日何億ものショッピング検索がGoogle上で行われているため、人々に必要な商品の在庫や発送準備が整っているにもかかわらず、オンラインで発見されていない業者が多く存在していることがわかっています。”と述べ、また、“この変化によって、小売業者はショッピング目的で毎日Googleに訪れる何千人もの人々に対し、無料で自社の商品を公開することができます。消費者は、Google Shoppingタブを通じてより多くの店舗や商品を見つけることができます。広告主は、これまで有料で行っていたキャンペーンを無料で展開することができます。私たちはPayPalとの新しい業務提携を始めたため、業者の口座をPayPalと繋げられるようになりました。このおかげで現行のプロセスのスピードを高め、私たちは最高のクオリティをユーザーに届けることができます。”と述べました。 

地元に対する取り組みでは、ニューオーリンズのチキン販売チェーンのPopeyesNOLA Strongプロモーション活動を開始しました。全国のフライドチキンファンが、ファミリーサイズのNOLA Strong Meal(Popeyesのフライドチキン12個、サイドメニュー2つ、ビスケット6枚、そしてNOLA Strong Tシャツと帽子が入って28ドル)を購入すると、その売り上げの全て新型コロナウイルスによって影響を受けたニューオーリンズの家族達への支援寄付することができます 

Marriott International Inc.CEOであるArne Sorensonは、新型コロナウイルスのパンデミックは少なくとも一時的にホテルでの滞在経験を変えると述べました。いつ、宿泊業界が新型コロナウイルスの影響から回復できるかは誰にもわかりません。しかし一つだけ明確なのは、Marriottは宿泊客や従業員の安全を守るため、清掃の強化、従業員のマスク着用、社会的距離を保つための対策等、新しい方法を考案していくということです。私はこのような対策がずっと続かないことを祈っています。しかしその代わりに、ホテルで働く人も滞在する人も、ホテルで安全に過ごせるようにするための実務的なツールを使ってコミュニケーションをとっていきたいと思います。 

ファストフードチェーンのBurger Kingは、学生に向けて数学の問題をソーシャルメディアへ投稿しています。このパズルを解くと、Whoppersの無料クーポンをBurger Kingのアプリから手に入れることができます。

 

Translated and edited from “Coronavirus: Brand Moves for Wednesday April 22” in Brandchannel,   
Authored by Chris Nurko  

記事一覧