Coronavirus: Brand Moves for Vol.18 | インターブランドジャパン

Coronavirus: Brand Moves for Vol.18

2020.4.15
Interbrand Group
Chief Innovation Officer Chris Nurko

世界中の企業が、社員に解雇あるいは待機を迫る中、CapGemini Indiaは、4月より、他の企業とは真逆に、約84,000人に及ぶほとんどの従業員に対して賃上げを行うと宣言しました。また、残りの社員も、7月から賃上げされます。さらに、インド各地の都市で、住む場所がなく困っている社員に現金を支給し、待機を余儀なくされた社員の雇用も確保しています。すなわち、直接的に売上を上げられない事業に携わる社員に対しても、期限なく雇用を維持しています。

54の市場で66のテレビ局を持ち、その運営を行うTegna Inc.は、全米の視聴者に向けて、ポジティブで実用的な情報を届けています。この企業の目的は、地域全体の利益に貢献することであり、“Facts Not Fear”という名の下、扇動的な情報ではなく、検証され、信頼できる情報のみを消費者や顧客に提供することを保証しています。Tegnaは、報道番組をテレビスタジオではなく、全国にいる記者の自宅の地下室やリビングで、コンテンツを制作しています。また、同局の気象予報士は、Facebook Live やYouTubeを通じて“weather classrooms(お天気教室)”という番組を配信し、自宅学習を余儀なくされている子供の親達を助けています。TegnaはNextdoor との協力により、この困難な時期をコミュニティが乗り超えるために、励みとなる地域密着型のストーリーを発信しています。

米エネルギー事業界の異端者でもあるArcadiaは、昨今の新型コロナウイルスに対応するため、Good Energyプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、新型コロナウイルスがもたらす経済的な影響のために、公共料金の支払いに困窮する会員を援助するものです。会員からの寄付にArcadiaがその寄付金額1ドルにつき20ドルずつ上乗せした金額が、新型コロナウイルス下の不安定な経済状況で援助を必要とする会員に直接支払われます。CEO兼創始者であるKiran Bhatrajuは、次のように述べています。“Arcadiaを設立したとき、エネルギーに関する体験をより良いものにするという目標を掲げました。しかし、現在は、我々が持つプラットフォームを使ってコミュニティを創出し、人々がお互いを助け合う機会を与えることが我々の最も重要な取り組みとなっています。”

香辛料や調味料ブランドMcCormick は、家庭で食事を作る多くの人々の要望に応えるために、いくつかのマーケティング施策を発表しました。自宅で作る料理に関して質問が増加していることから、McCormickは、ウェブサイトやソーシャルメディアチャネルを通じて、同社のテストキッチンの会員に質問を送れるようQ&Aシリーズを始めました。McCormickは、さらにその検索結果をモニタリングし、回答できる質問を精査しています。McCormickによると、このQ&Aシリーズには、最初の3日間で300以上の質問が届き、パンの焼き方から「大さじ」の意味についてまで、幅広い相談が消費者から寄せられました。ソーシャルメディアは、McCormickにとって、迅速に新たなプログラムを試せる場所となっています。またMcCormickのフードスタイリストRachel Miller とエグゼクティブシェフのKevan Vetterは、FacebookやInstagramを通じて、自宅のキッチンから料理番組を始めました。McCormick は、Spotifyにより、焼く時、調理する時、週末のブランチを作る時の雰囲気にあわせた3つのプレイリストを作りました。こられの曲は、すべて消費者からの意見をもとに選曲されました。

ヘルスケアサービス会社のCignaは、Dental Virtual Careというサービスを立ち上げることを発表しました。これは、Cignaがもつ遠隔医療で歯科診断を提供するネットワークで、この業態で成長しているThe TeleDentistsとパートナーになり、全米に300人以上を擁する歯科医師が、バーチャルで歯科診断を行うものです。

免許を持つ歯科医師がビデオ診断を通じて、痛み、化膿、腫れなどを直ちに選別し、患者に次のとるべき行動を示唆します。必要に応じて、歯科医師は、抗生物質や非麻薬性の鎮痛剤なども処方します。Cigna Dental & Visionの副社長であるFrederick E. Scardelletteは次のように述べています。 “私達は、COVID-19 の危険に晒されることなく、急を要する患者の医師への歯科相談のアクセスをサポートするCigna Dental Virtual Careの立ち上げを急ピッチで進めてきました。このバーチャル診療は、この前例のない時代に、顧客を助けるシンプル且つ便利なオプションとなりました。” Cigna Dental Virtual Careは、今月から、2020年5月31日まで、Cignaの雇用主負担保険プランに加入する1,600万人の顧客が利用できます。

韓国の自動車会社Hyundai Motor Coの北米部門は、新型コロナウイルスの「ドライブスルー」検査の支援を拡大し、65,000に及ぶ検査を病院に寄付することを明らかにしました。22の病院での「ドライブスルー」検査をサポートし、その費用は400万ドルに及ぶと発表しました。Hyundaiは、韓国の検査会社Seegeneが開発した検査を、New Orleans、 Chicago、Detroitの病院で提供すると述べています。

Taylor SwiftJennifer LopezOprah Winfreyが、新型コロナウイルスのパンデミクスに対して、その最前線で従事する人々の尽力を世界中に知ってもらうために、今週世界中で放映されるテレビのスペシャル番組に出演することが、火曜日に発表されました。One World Together at Homeというイベントで、音楽、コメディー、そして医師や看護師、食品業者からの話を織り交ぜ放映されます。さらに、英国F1レースチャンピオンのLewis Hamiltonや、米国女性ワールドカップサッカー選手 Megan Rapinoe、ワールドカップスキーヤーLindsey Vonnなどのメジャースポーツ選手と歌手、俳優、SNSインフルエンサーが出演する6時間のストリーミング放送を配信します。Lady Gagaは、放送の前週にこのイベントを発表しました。瞬く間に、Celine DionBillie EilishJohn LegendElton JohnPaul McCartneyChris MartinAndrea BocelliMichael Bubleといった世界中の大物アーティストやセレブの間に広まり、彼らは参加することになりました。このイベントは、基金を集めることが目的ではなく、慈善家や企業にWHO(世界保健機構)のCovid-19 Solidarity Response Fundへ寄付を促すのが目的です。Lady Gagaは、企業から3,500万ドル以上の寄付が寄せられたと述べています。4月18日のストリーミング放送は、土曜の夜に、北米をはじめ海外の複数のテレビネットワークの2時間枠で、最前線で働く人々との結束を示す過去最大のイベントとなります。このイベントをオーガナイズするWHO(世界保健機構)と支援団体のGlobal Citizenのもと、参加する人々は皆、リモート出演の予定です。

SingerPfaffHusqvarna Vikingといったミシンブランドを持つSVP Worldwideは、個人用保護具の不足をサポートするため、世界中の病院、ヘルスケア提供企業、機関を支援しています。同社は、フェイスマスクや医療着、人口呼吸器カバーやその他PPE(個人用保護具)を製作するために、病院や機関へ直接、何百台ものミシンを寄付しました。また、地域社会に、自分たちの時間やスキルを提供したいと考える機関や、企業、学校と手を組みました。例えば、地域の家庭用品を販売するホームセンターであるOld Time Potteryと組み、最前線の医療従事者にマスクを提供するために、ミシン、道具、素材や縫うための作業スペースを提供しています。同社は、ニューヨーク州知事のCuomoの依頼によりファッションデザイナーのChristian Sirianoと、ミズーリ州カンザスにある縫製学校Rightfully Sewnの裁縫を学ぶ生徒達にミシンを寄付し、マスクを製作することを支援しています。また、同社は、マスクやマスクカバー、そして医療着を制作するための縫い方や型紙、作り方のビデオを消費者に提供し、直接的にサポートしています。
CEOのCarl-Martin Lindahlは、 “世界は、現在困難な状況に陥っています、私達の企業もまた、皆さんと同じように大きな打撃を受けています。しかし、その問題に関わり、正しいことをすることを止めることはできません。私達は、マスク、医療着、人工呼吸器カバーやその他PPEを縫うために、ミシンを病院や機関に直接寄付してきました。私達は、こんな厳しい時にも援助を厭わない特別な企業なのです。”と述べました。

英国スーパーマーケットのTescoは、ロンドンに新しくできたNHS Nightingale ExCel病院で働く人々のために、期間限定店舗を、日曜には早々にオープンしたいと考えています。この24時間営業となる店舗は、敷地面積拡大のために、ExCelの隣にある既存の小売店を改装して建てられました。また近隣のTescoから40名のスタッフが送られました。Tescoの在庫余剰品は、この病院で働く最前線スタッフやこの地区で食糧が必要な人々に提供されます。

3Mと共同でろ過式呼吸用保護具の開発を始めている自動車メーカーのFordは、エアバッグ素材で再利用可能な医療着と、Thermo Fisher Scientificの技術を応用し、COVID-19の検査キット開発を展開しています。人工呼吸器の生産はミシガン州Flat Rock近郊のFord’s Vreeland工場で行われます。Fordと3Mは、少なくとも100,000個の呼吸器を生産するために必要なサプライチェーンを共同で準備してきました。この呼吸器には、ウイルスを含んだ飛沫のような、空気中に浮遊する物質をブロックする3Mの空気フィルターが使用されます。さらに、Fordは、ミシガン州Sterling Heightsのトランスミッション工場で、医療用フェイスマスクの生産を始めました。エアバッグサプライヤーのJoyson Safety Systemsとともに、再利用可能な医療着の生産を始めるのとともに、カンザス州Lenexaにて、Thermo Fisher Scientificと協業し、COVID-19の検査キットの生産量の増強も行います。Fordは、さらに、ミズーリ州カンザス市からエンジニアを派遣し、同社の組立工場をThermo Fisherの機械に合うように改造し、COVID-19 のドライブスルー検査センターで使用されるガラス瓶を製造しようとしています。

ファストフードカジュアルレストランチェーンの&pizzaと4大銀行の1つCitiは、新型コロナウイルスのパンデミックの最前線にいるスタッフのためにパイ調理専用のキッチンを共同で作りました。ニューヨークのAstor Placeにある&pizza は、4月13日から、パイを大量生産し、医師、看護婦、事務員、清掃員など、公衆衛生上の危機にある私達の安全を守る医療従事者へ無料で提供する、Hero Kitchen第一号店となりました。 &pizza Hero Kitchens powered by Citi は、100,000個の無料のパイを生産する予定です。
創始者のMichael Lastoriaはこう述べています。“&pizzaでは、自分たちでこのような決断をしました。私達は常に言ってきたことを最重要視しています。地域社会に寄り添うこと、いつも元気づけてくれた人々に元気を与えること。この危機の中、まず自社の従業員の無事を確保し、そして次のステップとして何をすべきかは明らかでした。今、最も必要とされている方々、すなわち、最前線で働くスタッフの方々を支えることです。”
Hero Kitchensは、イーストコースト地域にある&pizzaから、毎日数千個の無料もしくはディスカウントされたパイを医療従事者に提供しています。&pizzaはCitiの支援により、Hero Pieプログラムをフィラデルフィアやボルチモアまで拡大する予定です。CitiのChief Brand Officer、Carla Hassanは、 次のように述べています。”&pizzaは、初期段階で躊躇することなく、医療従事者に向けて食事を提供してきました。私達は、医療従事者の食事への協力ができて誇りに思います。これは、私達Citiとしてどれほど最前線で働く人々に感謝しているかを表す一つの方法に過ぎません。たとえ離れていても、一緒に乗り越えていきましょう。”

 

Translated and edited from “Coronavirus: Brand Moves for Wednesday Aplil 15” in Brandchannel,
Authored by Chris Nurko

記事一覧