オフィスリーダーズ

並木 将仁
代表取締役社長兼CEO
戦略コンサルティングファームにて、企業戦略、事業戦略、ブランド・マーケティング、デジタル、M&Aなどにおけるコンサルティングを中心に、包括的に企業の成長を支援。特にオムニチャネル&デジタル時代における顧客体験の向上を通じたブランディング実現を強みとしたコンサルティングサービスを、多数実施。その後、2015年にインターブランド参画。顧客体験をベースとしたブランド価値の向上を、ロジックとクリエイティブの融合から実現することを主眼として、クライアント支援を実践している。
光畑 彰二
チーフ・マーケティング・オフィサー
Omnicomグループ傘下の広告会社で、ブランド/マーケティング・コミュニケーション領域において長年にわたり経験を積む。2004年よりインターブランドジャパンに参画以来、幅広い業種クライアントの、様々なビジネス課題を解決するブランド戦略プロジェクトに数多く携わる。 クライアントが直面するビジネス課題に向き合い、財務的なアプローチからクリエイティブソリューションまで、最適な解決策の提示をモットーにチームをリードしている。
倉持 浩子
チーフ・ファイナンシャル・オフィサー
アメリカのデロイト監査法人にて会計監査に従事したのち、主に外資系企業にてファイナンスチームをリードする。インターブランドのグループ会社である広告代理店のCOO/CFOを経て2017年からインターブランドに参画。
ファイナンスの観点から経営サポート、財務、会計プロセスの改革、リスクマネージメント等、管理部門を効率的に率いる。
畠山 寛光
シニア・エグゼクティブ・ディレクター ヘッド・オブ・ストラテジー
酒類・飲料メーカーでの経理/ファイナンス担当を経てインターブランドに参画。以来、国内・海外のブランド価値評価を中心に、企業価値向上に向けたブランド体系整理、ブランド体験構築、グローバルブランドガバナンス体制構築など、多岐に渡るブランディングテーマについて、B2C、B2B問わず様々な業界のクライアント支援に従事。クライアント様の1社1社異なる企業価値向上とブランドの結びつきを明らかにし、真に効果的な解決策を提案すべく、日々ブランド体験の現場に足を運んでいる。
ヴィータサロ ユホ
クリエイティブ・ディレクター
フィンランドおよびスカンジナビアのデザインをクリエイティブの源流に、世界各国でプロダクトデザイナーとして活躍。その後、日本においても、10年以上にわたってプロダクトデザインおよびブランディングに携わり、多くのクライアントにヒット商品や飛躍をもたらしてきた。さまざまな国で暮らし働いてきた経験により、豊かなクリエイティビティを発揮するが、特に3Dプリント等のデジタル技術、あるいは日々生み出される新しいソフトウェアやアプリケーションを、ブランディングやプロダクトデザインに取り入れるアプローチ・手法に秀でている。2019年、インターブランド参画。クリエイティブ・ディレクターとしてクライアントの満足度向上に努めている。
宮城 愛彦
クリエイティブ・ディレクター
食品から日用品まで、カテゴリー問わず様々なブランドのプロダクトブランディング、商品開発、パッケージデザインに携わる。2014年にインターブランドに参画。主にBtoC企業のコーポレート/プロダクトブランディングプロジェクトにおいて、コンシューマーの生活思考を丁寧に汲み取り、インサイトを的確に捉えたアイデアによって、市場をリードする強いブランドの開発を手がけている。
東 洋介
アソシエイト・クリエイティブ・ディレクター
国内のクリエイティブエージェンシーやブランディングエージェンシーを経て、2014年にインターブランドジャパンに参加。プロモーションやマーケティングの領域とアイデンティティの領域、戦略とクリエイティブを融合させることを得意とし、ブランドとその活動を、クライアント/消費者/社会にとって意義のあるものにするべく、CI/VI、社内外エンゲージメント、顧客体験設計などを手掛けている。
村松 有希
アソシエイト・クリエイティブ・ディレクター
日本のトップデザインファーム、ニューヨークのブランディングエージェンシーを経て、2011年にインターブランドに参画。CIからコミュニケーション、デジタル、空間まで、ブランド体験を実現するトータルなクリエイティブに携わっている。ビジネス領域は、金融、通信、IT、自動車、建設、食品、教育、メディア・エンターテイメント、スポーツなど幅広く、コンセプチュアルで力強いクリエイティブの開発を行なっている。また、手がけたクリエイティブアウトプットは、数多くの国際的なトップアワードを受賞している。
松尾 任人
クリエイティブ・エグゼクティブ・フェロー
広告、流通、建築とさまざまな領域でデザインに携わる。約30年に及ぶキャリアで担当したプロジェクトは幅広く、クライアントの業種も多岐にわたる。2002年にインターブランドに参画以来、「ブランドのエクイティを体験価値へ拡張する」ことをモットーに多数のプロジェクトを手掛ける。ストラテジックなクリエイティブ創造のために日夜健闘している。
田中 英富
エグゼクティブ・ディレクター
戦略グループ
大手証券系シンクタンクにて企業価値評価にもとづく財務戦略コンサルティング業務に従事。企業信用分析、企業・事業価値の評価、事業再構築、M&Aプロジェクトに参画。2001年よりインターブランドに参加以来、ブランド価値評価に関するプロジェクトを行う。
矢部 宏行
エグゼクティブ・ディレクター
戦略グループ
自動車メーカーで10年、自動車ブランドのコンセプトメイキング、マーケティングおよびグローバル・ブランドの商品企画に携わる。インターブランドにおいては、多岐にわたる分野のコーポレート・ブランド、プロダクト・ブランドのアイデンティティ構築、ブランド・マーケティング戦略に関するコンサルティングを行う。
佐藤 紀子
エグゼクティブ・ディレクター
戦略グループ
欧州投資銀行を経て、フランスにてMBA取得後、大手グローバル消費財企業において日本および本社勤務を経験、新規事業の立ち上げ、経営企画業務のほか事業戦略改革プロジェクトなど幅広い業務に参画。その後、大手日系消費財企業において主にアジア市場における新規市場開拓事業を統括、ブランドのグローバル展開を経営・現場レベル双方で牽引していた経験を持つ。インターブランドにおいては、不動産、IT、消費財、化粧品、小売など幅広いプロジェクトに携わり、事業会社における経験・知見に基づいたクライアント支援を行っている。
志賀 亮子
アソシエイト・エグゼクティブ・ディレクター
戦略グループ
戦略コンサルティングファーム、医療機器メーカー及び食品・飲料メーカーのブランドマネジメント職を経て、2015年よりインターブランドに参画。消費財、ラグジュアリーグッズ等のブランドマネジメントにおいて豊富な知見を有する。インターブランドにおいては、飲料、消費財、製造業、航空会社、自動車関連をはじめとする幅広い分野において、ブランド戦略策定、ブランドのグローバル展開、ブランド管理体制の構築、コミュニケーション戦略等を手掛け、クライアントの事業推進を支援している。
薄 阿佐子
エグゼクティブ・ディレクター
クライアントサービス&ソリューショングループ
経営コンサルティング会社において、さまざまな分野の事業・マーケティング戦略、組織人材戦略などのコンサルティング業務に携わり、2000年よりインターブランドに参画。以降、"Intelligence", "Imaginative", "Inspiring"な視点と、親身なコンサルタントマインドを併せ持ちながら、数多くのブランド戦略プロジェクトを手掛ける。
中村 正道
エグゼクティブ・ディレクター
クライアントサービス&ソリューショングループ
ブランド/マーケティング・コミュニケーション領域において多岐にわたるプロジェクトに携わり、2005年よりインターブランドに参画。クライアントサービス&ソリューション部門のディレクターとして、幅広い業種のクライアントとのリレーションシップ構築を推進し、クライアントのビジネス課題解決に向け、戦略構築からクリエイティブ開発までシームレスにブランド戦略プロジェクトをリードする。
上野 真嗣
エグゼクティブ・ディレクター
クライアントサービス&ソリューショングループ
広告会社でメーカー、流通、自治体などの広告・マーケティング業務に従事したのち、2000年にインターブランドに入社。
主に新規クライアントの開拓業務を担当し、業種・業容・業態を問わず多くの企業のブランディングプロジェクトに携わる。
ブランディングに関するよき相談相手となるべく、丁寧かつ迅速な対応で日々クライアント満足の実現に努めている。
黒木 英明
アソシエイト・エグゼクティブ・ディレクター
クライアントサービス&ソリューショングループ
15年以上にわたり、外資系広告会社にて主に大手トイレタリーメーカーのマーケティングコミュニケーション戦略を担当。香港、バンコクでの駐在経験があり、リージョナルのディレクターとしてブランドコミュニケーションプランの策定、制作、実施に携わる。2005年インターブランドジャパン参画以降、B2B、B2Cを問わず、国内外主要企業のグローバル関連プロジェクトを中心に、戦略的かつクリエイティブなマインドとアプローチでクライアント支援を行っている。
広井 勇吾
アソシエイト・エグゼクティブ・ディレクター
クライアントサービス&ソリューショングループ
国内・外資系広告会社において、様々な業種のブランド戦略立案・コミュニケーションロードマップ策定から実行及び、コンサルティングを経験。海外駐在時の複数ヶ国にまたがるグローバルメンバーのチームマネジメントを経て、2015年よりインターブランドに参画。多数の日系、外資系の両企業におけるプロジェクト経験から、コーポレート、事業・サービスの両ブランドが、有機的につながり一体感をうみだすことでビジネスの成長に資する提案・支援をモットーとしている。