ブランディング7つの原則 [実践編] | インターブランドジャパン
brandchannel:japan

ブランディング7つの原則 [実践編]

ブランディング7つの原則[実践編]

書籍の概要

企業が持続的なビジネス成長を実現する鍵は、企業の有する技術力・サービス力・商品力だけではなく、いかに「ブランド」としての存在価値を構築できるか・・・にあります。
バラエティに富む、優れたブランディング実践事例をまとめた10のストーリーから、ブランディングのリアルノウハウを解説します。

  • 書籍名:ブランディング 7つの原則 [実践編]
  • 発行 :日本経済新聞出版社
  • 編著者:インターブランドジャパン
  • 価格 :定価(本体2,800円+税)
  • 配本 :全国主要書店に配本
  • Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4532322960

本書に収録する10のストーリー

  • Story 1
    Suntory(サントリーホールディングス)
    過半数の社員が外国人、加速するグローバル化を背景としたコーポレートブランディング
  • Story 2
    Daiwa House Group(大和ハウス工業)
    シンボルにブランドの価値を蓄積、グループブランディングで急成長を遂げる
  • Story 3
    IPPUDO/一風堂(力の源ホールディングス)
    日本の食文化をグローバルに広めるブランディング
  • Story 4
    YOKOGAWA(横河電機)
    創立100周年の好機を活かし、世界で戦えるブランドへ進化する
  • Story 5
    茅乃舎(久原本家)
    商品開発にブランドの提供価値を反映させる仕組みづくり
  • Story 6
    Panasonic(パナソニック)
    B to CからB to Bへの構造転換を実現する事業ブランディング
  • Story 7
    BANDAI NAMCO Entertainment(バンダイナムコエンターテインメント)
    統合会社の結びつきを強め、事業領域の拡大に向けたブランディング
  • Story 8
    matsukiyo(マツモトキヨシホールディングス)
    企業ブランドとプライベートブランドのギャップを埋めるブランディング
  • Story 9
    Yamaha(ヤマハ発動機)
    独自のブランドマネジメント手法で「個性ある多様性」を実現する
  • Story 10
    B.LEAGUE(ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)
    ブランドの核となる考え方でリアルとデジタルをつなぎ、スポーツを通じて新たなブランド価値を創造する

書籍一覧へ